お金を借りる前に|キャッシングとカードローンの違いをリサーチ

利息の負担が過去最低に

電卓

35年間の固定制

土地の価格が高く、建物の品質が良い日本では、住宅購入に多くの費用がかかります。特に新築住宅の場合は、3〜4千万円ほどかかることが一般的です。そのため多くの人が、住宅ローンを利用して購入資金を用立てているのですが、額が多い分返済期間は長めとなります。つまり長い間、借りたお金を返しながら、利息を支払わなければならないのです。金利が高い場合には、その負担は非常に多くなります。そのことから、現在では住宅購入時にフラット35を利用する人が増えています。フラット35とは、借りたお金を固定金利で35年かけて返済するという、住宅ローンサービスのひとつです。固定金利ですから、金利がどのように推移しても、利息の負担は一定のものとなります。日本では数年前から金利が下方向へと推移していますし、現在ではそれが過去最低と言われるレベルに到達しています。そしてこの水準がある程度続けば、その後はどんどん上方向へと推移していくと考えられています。そのため利息の負担が少ない今のうちにと、フラット35の利用申し込みをする人が増加しているのです。しかもフラット35では、団体信用生命保険制度を利用できます。これは、契約者に万が一の事態が発生し、以後の返済が不可能となった場合に、保険金によって返済が行われるという制度です。残された家族に大きな負担を与えずに済むので、この点は金利推移の影響を受けないことと併せて、フラット35の魅力とされています。

RECOMMEND POST

提携先ATMで利用する

メンズ

カードローンは、カードを使って提携している金融機関のATMを利用することができます。提携先ATMを利用すると手数料がかかってしまう会社が多いのですが、中には手数料無料のカードローンもあるのでおすすめです。

詳しく見る

利息の負担が過去最低に

電卓

フラット35は、固定金利で35年かけて返済するタイプの住宅ローンです。現在の日本の金利は、最低レベルに推移しているので、利息の負担は軽めです。これを長期間維持できるので、フラット35の利用者は増えています。さらに団体信用生命保険制度もあるので、万が一の事態で返済不可能となった場合にも安心できます。

詳しく見る

カードローンの選び方

お金

大阪で消費者金融を探すなら、まずは大手に申込みをすることです。中小規模の消費者金融と比較するとATMの台数や提携している金融機関の数、限度額の大きさ、さらに独自で導入している無利息期間などの顧客向けサービスも充実しています。

詳しく見る

お金を借りる際の注意点

男性

キャッシングを利用する際は自分がどの程度の金額をも何時までに借りたいかなど必要事項を予め考えておきましょう。 そしてその条件に合った商品を探すことをお勧めします。また審査で自分の希望条件に合わなかった場合、どの程度まで妥協するかということもあらかじめ考えておくといいでしょう。

詳しく見る